スキャンしてみよう

一般的にコンピュータに詳しい人になるとスキャンはスキャナーを意味するものと思う人が多いと思います。確かにそうなのですが、最近では様々な意味で捉えることが多いのです。健康診断あるいは人間ドックではCTスキャンという言葉をよく使います。仕事などでは「この書類をスキャンしといてくれ」と言われることもあるかと思います。そのときはコピーするのかどうするのか迷うこともあるでしょう。一般的にはコピーは複写ですから、単純に別のコピー用紙に複写すればいいのです。

これは調べるという意味がありますが大抵の場合はそれをハードディスクなどの外部記憶装置に読み込むという意味で間違いないと思います。最近のコピー機は複合タイプになっていますから、一台で印刷、コピーやFaxができるといった何役もこなすものが一般的となっているのです。

昔ながらのスキャナーは、銀塩カメラが全盛だった時代は写真をハードディスクに収めるためにフィルムスキャナーというのが一般的でした。今では一部のマニアか写真でしか見ることはできないでしょう。家庭用でも最近のプリンタも廉価版ではありますが、印刷をはじめとして、コピーもFaxもできるような複合型が多くなっています。むしろ印刷しかできないプリンタというのがレーザープリンタ以外では珍しいといえるでしょう。現在ではコンビニなどでも、このようなサービスを行っていますからより身近なサービスとして定着しています。